2015年10月22日

仕事の愚痴

出向先に2人の管理者(いわゆる上司)がいるのですが
それぞれ扱いが大変。

今晩は、そのうちの一人について愚痴ります(愚痴を言います)。

1)監視
暇なのか、ずっと背もたれに
よりかかっている。

私の左に座っているのだけれど
左から見られている感じが
いつもする。
(背もたれによりかかってるときは、たいてい見てる)

支給されているノートPCの画面を
別のモニタにも写して(2画面)、仕事をしているんですが
モニタを見てる。
(見られているのを、自分も確認しているんですが、
それは周辺視で。人間170度くらいまでは周辺視がきくんですよ)

まぁ、見られているのをずっと気にしていたら
仕事にならないので
周辺視をOFFにして集中しますけど、
仕事の進め方やら
メールの内容やらを見られているのは
気持ちが悪い。

自身の前任にも、状況を聞いてみたら
同じように監視されていた、とのことだったので
これは治るまい。

・・・・困る。

2)会話
突然、

「えっと・・!」
と話しかける。

「あの件さぁ!」
と話しかける。

私には名前があるんですが。
名前くらい呼びましょうよ。

私はあなたのパートナーではないんですから
「あの」「えっと」で常に反応する人じゃないんですよ。

名前を呼ばれていないから
返事をしない、という訳にもいきませんし
「私ですか?」
と聞くのも面倒だし。
(名前を呼ばない人は、「私ですか」と反応しても
なぜそのような反応をするのか理解できないみたいだし)

はぁ。。

3)仕事
今日、会議があった。
会議の担当は管理者と私の2名。

私は、会議に出席する人、入れ替わりで入ってくる説明者や傍聴者の対応をしなければならないので
会議を全部聞いていられる状態ではなかった。

無論、それは彼女もわかっている。

しかし、会議終了後、
「議事録、早く書いてね、記憶がなくならないうちに。」
と。

これには私も
「会議聞けなかった部分が大半なので、記憶もなにもないんですけどね」
と言い返しましたが
状況は何も変わらず。

レコーダーちまちま聞きながらやりますけど
なんだか納得いかない。

まぁ、今の職場では私は客みたいなものだから
言われたことをやるだけですけどもね。

はぁ。

4)会話2
話がくどい。
同じ話を3回はする。

結論が出ているし、それを伝えているし、
もうノートPCの方を完全に向き、彼女から視線も身体の向きも
方向を外しているのに、まだ話し続ける。

ノートPCで作業しながらも話し続ける。

そして話したことは忘れる。

いい加減にしろ。

「そんなこと言ったっけ?」

いい加減にしろ。

5)会話3
干渉してくる。

電話で話していたことは全て聞かれている。

「いやに詳しい話してたね?何の問い合わせ?」

あなたに報告しなければならない事項は
今までの5ヶ月漏れ無く報告していたでしょう。
話さないということは、身内からの連絡だということを理解されては?


立ち話をしているところは見られている。
そしてわざわざ寄ってきて
「仲良しだね」
と一言。

別の機会には
「今日は飲み会?華金だもんね〜」
と。


うざったい。


6)仕事2
寝てる。
午前中から寝てる。

眠いのは分かる。分からない分野の技術的文書を読んでいると
ついつい理解ができず、脳が思考停止して、眠くなるときがある。
が、抗わない。

仕事をしてください。


7)仕事3
発注が荒い。

会議資料は、余分に何部すればよいですか?
に対して
「2か3部!」
と。

「じゃあ、3部でいいですね」
と返すと、うん、とは言わない。

この他にも仕事が荒い例があるけど
いろいろ仕事の内容がばれるから、ここまでにしておく。
--

ということで、仕事の愚痴でした。
ちょっとはすっきりした。



posted by 哲也 at 22:48| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック