2015年05月19日

祖父

3年ほどになろうか。
祖父が脳梗塞で倒れてから。

その祖父が、そろそろ
別世界に旅立とうとしている。


3年も寝たきりになるとは思わなかった。
もっと、早くにお別れすると思っていた。


祖父には悪いが、
毎日病院に通う、伯父と母の
大変さを思うと、
もっと早くてもよかったかな、と思う。

こんなことを書くなんて、
自分は悪いやつですね。


でも、心のいろんな整理が
3年も経つとされていくもので。


脳梗塞で倒れる数週間前に
母方の実家で、祖父と仕事について語ったのを
思い出しますが、
今では、あー、うー
とも、ほとんど言わなくなった。



もう危ない、と言われて、
今日で10日。

母は、いつでも病院に飛んでいけるよう
心構えをしているよう。


先ほどメールを送ったら、
もう疲れた
とのこと。


老老介護、ではないが、
50も半ばになった母。

毎日仕事をしながら
病床の祖父を思っているのは
気が気でないだろう。


母も書いていたが、
薬と機械で生かされている祖父が可哀想であり、
また
それを苦しく思う母も大変だと思い、
私は遠く東京でそれを思い、
うまく解決できないでいる。



薬と機械で生きている祖父は何を思い、
伯父と母は、そんな祖父をどのように思っているのか。


posted by 哲也 at 23:54| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック