2013年02月27日

hanbo

皆様こんばんは。

今日もお寒いですわね。



最近、2月末締の仕事と3月末締の仕事が重複して、
繁忙期に入りました。


今日も23時まで会社にいました。
私もこの時期は一端の社会人風だわよ。




というわけで、大変な毎日・・
皆様、くれぐれもご自愛くださいませませ。
posted by 哲也 at 01:18| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2013年02月18日

ガーベラ

13611906062760.jpg

団長のお誕生日が近かったので、
お祝いに
ワインとガーベラを贈りました。


先日の花屋さんで見かけてから
ガーベラが気になります。


色もたくさんあるんですよね。
(以前の記事:
http://rough-and-ready.seesaa.net/archives/201301-1.html )

赤ワインに添えるのに、何色がいいかな、と思って
赤、ピンク、黄色、オレンジ、白
とあったのですが、
結局、このピンクにしました。


親くらいの年代の男性にピンクは失礼だったでしょうかね?
(ゲイなので、よいかな、とも思うところなのですが)




愚痴の記事の後だったので、
写真記事にしてみました。
posted by 哲也 at 21:30| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

有給休暇

上司から「有給の取得率が悪いから、春までに有給を取得せよ」
との命が課に対してくだされました。


なんか、もう
そういう指示、意味が不明です。


有給の取得がしにくい、のではなく、
仕事の量の関係で、取得できないのですよ。

それは貴方もお判りでしょう?


と言ってやりたい。



外に出す金は使うな、残業が増えても働け(残業代は出るけど)
と言っていながら
有給の取得率が全体の中でも低いから
率を上げろ
って
ほんとにどうしようもない。


上層にかけあっても
部下を守るとか、効率を上げるとか、
ないのかね。

人を異動させて、それぞれの分担を減らすとか、
そういう具体的な策はないのかね。



この時期、土日だって出なきゃいけないのに
どうやって有給休暇をとるのよ、、



貴方の体裁や評価のために働いているんじゃないのよ、私たち。






完全なる愚痴記事になってしまいました。
ごめんなさい。

posted by 哲也 at 21:28| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2013年02月15日

お返し要請

そういえば、前の記事を書きながら思い出した。


今日(もう昨日だけど)は、
チョコレートの日。



会社の女性陣から、チョコレートをもらった。


帰り際に、「はやく、お返しを考えなきゃ!」
と言ったら
「期待しています」
の一言。


そう、去年は
昼休みを使って電車移動して、
期間限定のマカロンを手に入れて
お返しにしたんだった。


後輩ちゃんはたいそう気に入ってくれたようだけど、
それをネタにして
去年はうれしかったです〜
って言うのです。


今年も期待してます、的な。



自分は、駅前(会社から徒歩1分)で
準備しただけのくせにね。

もう!





おじさんたちからお金をせしめて、
しっかりしたものお返ししてやる!!
posted by 哲也 at 01:18| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

zangyo

ここのところ、休日出勤と残業が続いている。

何度も言っているように、
私はまだ社会的にみれば、少ない就業時間だと思う。
けど、
やっぱり、平準化されていないことをこの時期は強いられるので、
辛い。

帰ったら11時半とか、もう辛い。

知人が、連日終電、とか
某省の役人は、午前まで在庁とか
いろいろ聞くけど
体に悪いし、精神的にもまいるし、
昼休みもろくにとれないし。。


ほんと、音楽に改めて出会えたことが
今の自分を支えているな、と
こういうとき改めて思うのです。
3年前、勇気を出してよかったな、なんて。


そんな感傷に浸る夜。

早く寝なきゃ。

2/15 1:15
posted by 哲也 at 01:15| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2013年02月07日

ようやく

体調もよくなってきました。


月曜に、喉の調子をみせに
通っている耳鼻咽喉科にいってみたところ、
花粉症の影響もあって
風邪が長引いていたみたいです。


また今週になって、インフルエンザが近場で広まって来ました。

皆さんもくれぐれもご注意くださいませ。
posted by 哲也 at 23:31| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2013年02月04日

ステージとしての出来

先日、音楽関係の知人が書いていた記事を見て、彼が所属する音楽団体の発表会に出向いた。


その団体の主宰者は
「日本でも、ショークワイアがだんだん軌道にのりつつあります」
と、その会のことを称していたが、

大変残念ながら、
ショークワイアではなく、
ほぼ、騒音でした。


知人は、すごく上手くなっていて、びっくりだったんです。

が、
あまりにも、スピーカーから出る音が大きすぎた。

ハーモニーが全て騒音。


うるさすぎて、耳が痛くなった。
比喩じゃなくて、物理現象として。




で、その他にもあって、
ハーモニーのベース音は、所定の音よりちょっと低く歌ってるし、
(混声・男声・女声すべて)
20人くらいいるのに、みんなでマイクつかって
大声で歌うし(その上でスピーカーが激しく鳴る)。

ライブだから仕方ないんだけど、立ち見で、
その上、フロアには人が一杯で身動きが取れないし。




なので、知人には申し訳なかったけど、
気分も悪かったので、前半だけ聞いて帰って来ました。

金を払ったのに、途中で退出したのは
思い返してみたけど、これが初めてかな。

ttp://glee-tokyo.seesaa.net/




楽しんでいる姿をお客に見せるのは、
確かに、演者のやるべきことなのかもしれない。

けど、
自己陶酔に浸っている感を出してしまっては、
もはや演者ではない。



そうなると、そこに音楽はなくて、
ただの騒音があるだけ、ということになる。


そんな感を覚えた。
←これが結論。






表現する方法はたくさんあるけど、
取捨選択が大切ですね。追記。
posted by 哲也 at 23:21| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2013年02月02日

13598119420080.jpg音楽仲間のお宅にお呼ばれして、たいへんなごちそうを頂いてしまいました。

HPさん、いつもごちそうさまです。


いつもいろんなお料理を出してくださり、頭が上がりません。
それに、いつも勉強させていただいています。

あんまり振る舞う機会もないので、
なかなか勉強の成果が見られませんが。。





まだ、体調が完全ではなく、途中でお暇しようかとおもった矢先、
サプライズが!


なんと!
私の誕生日を祝ってくれるとのこと!!

感激です。

13598119554281.jpg



HPさん、HD2さんありがとうございました。









posted by 哲也 at 22:32| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする